車が最も美しい時間帯

 Caterham Seven Supersprint

日の入り後、15分から25分程度の10分間。この時間帯が自分にとって車が最も美しく感じられる時間帯です。このピンポイントの10分間だけは、車のカラーリングがきちんと識別できながらも、夕闇の中にシルエット(影絵)とならず収めることができるのです。じっと眺めていたい至福の10分間。とはいっても、いつも忙しなくファインダーを覗いているのですが。

この10分以降は、ボディもどんなカラーリングであったとしても藍の一色に染まっていきます。これはこれで美しいのですが、光量も含めてシルエットになってしまいます。

基本的には、日没後25分程度まではディテイルを明るめの露出で捉え、それ以降は全体像を暗めの露出で捉えます。写真に収めずとも、どちらのシーンも車が本当に美しく見えるこの時間帯が好きです。