マテリアルとしての鉄

DSCF1386.jpg

車とバイクのカットを掲載するために作ったギャラリーページのため、自転車の入れどころがなくこちらへ。車やバイクと同じように好きな被写体でよく撮影します。

動力が人力のため、自転車の姿は無駄を削ぎ落とした美しさがあります。今時のものはハイモジュラスカーボンをマテリアルとして必要な強度と剛性を確保しつつ、空力を考慮した設計のため、現代の車よりも"未来“を感じさせる姿のものが多いように感じます。

長らくクロームモリブデン鋼がフレームのマテリアルとして用いられていましたが、そこからアルミ、チタン、カーボンと移り変わっていきました。それは軽量化の歴史。クロモリは重いのですが、フレームは最も細身であり、当時主流だったホリゾンタルフレームには普遍的な美しさが宿るように思います。

よくクロモリは「優しさを感じる乗り心地」とのように表現されますが、マテリアルの如何に関わらず設計によるところが大きいと思います。ただ乗り比べてみると、重量感がそう感じさせるのかどうかはわかりませんが、クロモリフレームの自転車には”芯”を感じます。アンコとでも言えばよいでしょうか。

クロモリフレームにシングルスピードのギヤリング、見ているだけで嬉しくなるような美しさを感じます。