フレームが持つ世界

 Mercedes-Benz 250C

パノラマという「枠」が好きで、本当によく撮ってきました。街中のスナップ撮影が殆どで、一番使い道の多そうな風景や好きな被写体である車やバイクは殆ど撮ったことがないのですが。

写真にはアスペクト比というものがあり、最もポピュラーなのが35mmフィルムの「3:2」。自分は「6:7」「4:5」という少し縦横比が近接した中途半端なアスペクト比が好きです。そして、このパノラマ。フレームの中では最もぶっ飛んだフレームだと感じます。

それぞれのフレーム(枠)に、それぞれ自分なりに感じる世界があります。自分の好きなアスペクト比のフレームを使い切ろうと思うと凄く難しいものばかりで、あまり上手く撮れたためしがありません。いわゆる相性はよくありませんが、単純に好きなのでしょう。

どんな物事もそうだと思うのですが、思い通りにならない、しかし好き。そんなことを見つけられると面白いのかなあという気がします。